咲かせる

咲かせる

『一人ひとりに最後まで寄り添う』

就職サポート

流科大が誇る高い就職率。でも本当に誇りたいのは、一人ひとりの夢にしっかり寄り添う就職サポート。豊富なインターンシップや、自信を持って面接に臨むための各種のセミナーは、そのほんの一例。あなたらしく夢を実現するために何が必要か、一緒に考え最後までしっかりと伴走します。

就職率

サポート体制

就職・学生:ゼミ担当者インタビュー

就職・学生:ゼミ担当者インタビュー

「キャリア基礎論」で意識改革

山本
希望の企業から内定をいただきました。今はほっとしています。
屋久
就職はいつ頃から意識しましたか?
山本
2年生で受講した「キャリア基礎論」で、人は第一印象も大事で、おしゃれと身だしなみは違うと学びました。自分は人からどう見えているだろう?と考え、そこで就職に対する意識が変わりました。
屋久
山本さんは濵本ゼミですね。
山本
そうです。会社組織や企業文化について勉強しました。
濵本
ゼミでは、授業と並行して時間を取って就職について説明しています。その年の動向や卒業生の体験を伝えています。
屋久
就職部では毎週、各ゼミの先生に会社説明会の日程などの情報をメールで送り、直接学生に伝えてもらっています。就職部とゼミの連携が密なところが流科大の特長ですが、先生は会社選びについて、どう学生に伝えているのですか?
濵本
私の専攻が「組織論」ということもあり、会社説明会で経営者の話し方や、受付の雰囲気までを観察するようにアドバイスしています。給料も基本給と歩合給の割合がどうなっているかまできちんと見るように指導します。

悩んだ時、先生と就職部に相談して解決しました

山本
3年生で就活が本格的にスタートし、就職部で面接の練習をしてもらってかなり鍛えられました。わざと答えにくい質問をされたりして、あれは本番の面接より厳しかったです(笑)。あと、「就職対策宿泊セミナー」でエントリーシートの添削をしてもらい自信がつきました。
屋久
その頃、食品か別の業界かで悩んでいましたね。さまざまな可能性を提示し山本さんの気持ちを尊重し、アドバイスをしました。
濵本
就職は自分で決めることだと思いますが、一生のことなのでご両親と相談しては?と話したと思います。
山本
お二人に相談して気持ちが固まりました。目標を定めてからは迷いがなくなり、2度の面接を経て無事内定に至りました。
屋久
就職部では毎年約200社を訪問して人事部との連絡を密にしています。各企業の最新の情報を学生に提供できるように努力しています。
山本
流科大は“就職の流科大”と呼ばれていますよね。就職率98.5%という数字は就職部と先生方の連携と熱意の結果だということを実感しました。
  • 就職・学生:ゼミ担当者インタビュー

  • 就職・学生:ゼミ担当者インタビュー

  • 就職・学生:ゼミ担当者インタビュー

pickup

夢の花を咲かせるためのサポートは

入学して
すぐ始まる!

1年生からはじまるキャリアサポート▶

仕事に生かせて、取得するまでの努力も評価される

資格取得を
全力サポート!

資格取得サポート ▶

夢の種プロジェクト

ページトップ